VゾーンやIライン、Oラインなど、アンダーヘアの脱毛をエステやクリニックで受ける女性が増えています。

アンダーヘアの脱毛はフラッシュやレーザーといった方法の他に、ワックスを使ったものもあります。

フラッシュやレーザーは腕や脚、ワキなど全身脱毛に用いられるものと同じで、フラッシュライトやレーザー光線を照射して少しずつムダ毛の処理を行います。アンダーヘアは太くしっかりとした毛が多いため、他の部分に比べてやや痛みを強く感じたり、施術回数が多めに必要になりますが、それでも6回ほどで脱毛が完了する人も少なくありません。

ワックスを使ったものはブラジリアンワックスと呼ばれています。

アメリカなどの欧米ではワックスはごく一般的な方法で、腕や脚にも使われています。


欧米人は毛や肌の色から、フラッシュやレーザーの効果が出にくいこともあり、サロンでの施術もワックスが多く、専門店もたくさんあります。



自己処理でワックスが使われることも多いです。
ブラジリアンワックスというのは、ブラジルの女性はワックスを使ってアンダーヘアの毛を全て処理することからこう呼ばれています。


ワックス脱毛は即効性のある方法で、処理した毛はその場で全て抜けますが永続性はなく、2週間~1ヶ月ほどのサイクルで定期的な処理が必要です。

ただ、施術を繰り返すうちに毛が細くなり、全体的に毛が薄くなることも多いです。



そうすると処理の頻度は下がりますし、やがて自己処理不要のレベルになるケースもあります。



Copyright (C) 2016 アンダーヘアの脱毛方法 All Rights Reserved.